« とっとり花回廊 Ⅰ | トップページ | とっとり花回廊 Ⅱ ~花の丘~ »

2012年6月 1日 (金)

『新選組!』 第15話 「行くか、残るか」

Blank_2

 さぁ~、いよいよついに、浪士組が京都にやって参りましたね~。。。
 前回は、清河さんが朝廷に建白書を出したというところで終わっていたんでした。

 この時代って、政治的な話がどうしてもややこしくなりがちですから…その点で八木さん家のシーンであったり、おまさちゃんのお茶屋さんのシーンというのは息抜きになっていいですね(^^;) 八木さん家のシーンでは相変わらずホウキが逆さまに立てられていたり、でも、京都に試衛館の面々が残ると知った時、ガク然とする源之丞さん達とは別に、ちょっと嬉しそうにいているひでちゃんの顔があったり。。。

 今回のタイトルは「行くか、残るか」ということで、それぞれがそれぞれに決断を下さなければならない回となりました。
 よくよく考えてみたら、我々って本当は毎日が決断の毎日なんですよねー。
 たとえば、朝起きて「朝食はパンにするか、ごはんにするか」とか、横断歩道を渡ろうとして青信号がすでに点滅している時に「渡るか、渡らないか」とか、まだ買ってない宝くじを「買うか、買わないか」とか…(苦笑)
 そういう些細な、決断とも言えないような決断を、毎日毎日無数に繰り返して生きているわけなんですよね。。。

 私の好きなまっさん(さだまさし)語録の中に、こんなのがあります。

 人間には超能力がある。
 スプーンを曲げたりすることではなく、
 人生で岐路にたたされたとき、
 必ず、「自分にとって正しい方を選ぶ」
 という能力だ。


 これは何年か前の日めくりカレンダー(ファン必携(?)アイテムです)にあった言葉ですが、どこかのコンサート会場でトークとして聞いたコトがあったような気がします。それ以来、結構いつも心のどこかにひっかかってるまっさん語録のひとつです。
 
 人は必ず、自分にとって正しい方を選ぶようになっているのだから、こちらの道に来て失敗したとしても、あちらの道へ行けばきっと「大失敗」をしていただろう。。。って。

 だから、それでよかったんだよ。。。(←ちょっと、自分に対して言い聞かせたい出来事があったので

 近藤さんも、トシも、そして山南さんたちも…江戸に戻らず京に留まると決断をしたわけで…だからこそ、今でも幕末ファンの人達から愛される存在でい続けられているんでしょうね。
 今回、斉藤一(asオダギリジョー)もついに合流し、これで役者は揃いました!!

|

« とっとり花回廊 Ⅰ | トップページ | とっとり花回廊 Ⅱ ~花の丘~ »

大河ドラマ『新選組!』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とっとり花回廊 Ⅰ | トップページ | とっとり花回廊 Ⅱ ~花の丘~ »