« ブームはホンモノだった。 | トップページ | 霊山観音の“春爛漫” »

2010年4月 5日 (月)

護国神社の欠かせない場所

 霊山護国神社へ行くと、なぜか必ず龍さん&慎太くんの所へまずご挨拶に行ってしまうのですが(笑)、実はその後、これまた絶対に行ってしまう所があるんです。。。

2010431120104312_2

 それは、何を隠そう長州エリアだったりしましてですねー(苦笑)
 
 龍さん&慎太くんエリアとちょっとしか離れていないのですが、嬉しいコトに(?)静かなものです。

 ここに晋作が葬られていることはないと思うんですが(下関ですよね)、彼の所はこの日も綺麗なお花が手向けられていました

 来島のおじさん(!)を挟んで、私が幕末の長州人の中で一番好きな久坂玄瑞さんにもご挨拶。

 今回は思いつきでやって来てしまったので、お線香もお花もなく面目ない

20104310

 で、最後のシメはやはりこの方。
 明治維新の三傑にまでなっちゃった方らしく護国神社の一番高い所におわします、桂小五郎さんのところへ登山して来ました(苦笑)

2010438

2010439

 桜の時期の護国神社、初めてだったのですがこんなに綺麗だとは思いませんでした

 21年前に地図を片手にやって来たココが私の京都好きの原点みたいなものですから…時々立ち位置を確認するためにも来なきゃいかんな場所だなぁ~…と改めて思ったのでありました。。。


 P.S ちなみに今夜、仕事帰りにフランス人のお兄ちゃんに声をかけられて道案内をしてあげました。お兄ちゃんが今夜宿泊する旅館。あんな場所に旅館があるなんて今の今まで知らなかったよ… それでもまぁ、一日一善だ(笑) 

|

« ブームはホンモノだった。 | トップページ | 霊山観音の“春爛漫” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

幕末維新史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブームはホンモノだった。 | トップページ | 霊山観音の“春爛漫” »