« なばなの里は、なんでなばなの里っていうのかな? | トップページ | しあわせの四つ葉タクシー »

2010年2月 8日 (月)

「黒い島」の正体

 昨年の11月の出来事なのですが、あまり全国区のニュースでは大きく取り扱われていなかったような気がします…。関西のローカルニュースで取り上げられていて、その現場の映像に驚いた記憶がありますけれども、東海地方ではもっと大々的に取り上げられていたことでしょう。

 11月13日、三重県熊野市沖の熊野灘を航行中だった8,000t弱あるフェリーが、御浜町の沖で座礁したというニュースが流れたのをご存知でしょうか…??
 乗員乗客、合わせて30人近い方は幸いにも皆さん救助されて無事だったそうですが、船内の積荷が荷崩れを起こして船が大きく傾いたのでした…。

 …ということで、前の記事の写真の解決編です。

 「黒い島」の正体…

 はい。
 こちらです

20101210_2

 おおっと

 この時点で座礁から2ヶ月近く経っているのに、そのまま放置されている状態になっていました。
 画像を見ていただくとおわかりかと思うのですが、砂浜にいる見物人の数が注目度の高さを物語っています。
 確かに、この現場近くの国道沿いには他府県ナンバーの車がずら~っと止まっていました。

 この画像見ていると、何か「ガリバー」みたいです。

2010129

 フェリーの周りには地元の漁船なのでしょうか、監視してるとおぼしき小さな船がグルグルとフェリーの周りを旋回していました。

20101211

 マルエーフェリーの「ありあけ」です。
 東京を出航して、鹿児島などを経由しつつ沖縄の那覇を目指していたらしいですがたどり着けず…。
 本当に、文字通り「横倒し」ですね…乗員乗客のみなさん、よくぞご無事でした。

20101213

 座礁直後は油の流出もあったらしいですがこの時は止まっていたようです。(きっと船内にはまだまだ油が残っているでしょう)
 撤去方法として、「えい航」するか、その場で「解体」するか、かなり地元と揉めていたようですが、「解体」の方向で動いているようですね。
 船体を3~4つに解体してクレーンで吊り上げ、台船に乗せて撤去…という方法がとられるらしいです。(詳細はわかりませんが)

20101214

  とにかく、これだけ大きな船ですからまだまだしばらくかかりそうですね。
 正月早々、衝撃的な現場に立ち会わせてもらいました。
 
 早く元通りの風景になるといいなー。

|

« なばなの里は、なんでなばなの里っていうのかな? | トップページ | しあわせの四つ葉タクシー »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

島なんだと思っていました。
まさかフェリーとは!
ごめんなさい、そのニュース全く記憶にありませんでした
2ヶ月もそのままなんて、撤去作業も大変なんですね。
本当に、乗員乗客の皆さんがご無事でよかったです。
国内のフェリーでもこういうことってあるんですね・・・。

投稿: かがみ | 2010年2月12日 (金) 01時04分

かがみさん いらっしゃいませ

 いえいえ、とんでもないですよー
 これはホント、「まさか!」ですよね
 この事故の時、海がかなり荒れていたみたいで…。。。

 相変わらずあまりニュースになりませんが、母からの電話によれば撤去作業が始まったようです。完全撤去まではまだまだかかるそうですよー。

投稿: さくら | 2010年2月13日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なばなの里は、なんでなばなの里っていうのかな? | トップページ | しあわせの四つ葉タクシー »