« ドアラがなにわにやって来た! ⑧ | トップページ | 一夜明けて… »

2009年6月15日 (月)

ホテル京阪 ユニバーサルタワー

 私一人ならともかく、試合が終わって乗り継ぎに次ぐ乗り継ぎで京都に戻って来るのはちょっと両親には辛すぎるかなぁ~…と思って、大阪市内に宿をとりました。

 ホテル京阪 ユニバーサルタワー。

 名前の通り、ユニバーサルスタジオジャパンのすぐ隣にあるホテルです。

 京セラドームからは、阪神なんば線で西九条まで出て、そこでJRに乗り換えますけれども両方共2駅ずつ…ということで、時間的にはそれほどかからずに到着することが出来ました!!(面倒くさいので、私はドラゴンズのユニフォームのまま・笑)

20096240

 ホテルの1F部分にはスタバ、ローソン、そしてハーゲンダッツ。
 何とも無敵の布陣です(笑)

20096239


 左がホテルになりますけれども、駅の改札を出た途端に広がるこの景色はどうですか!
 ただ23時前だったので、ネオンサインのワリには開いてるお店は少なかったです。。。

20096241

 ココのホテルを選んだ理由その①
 部屋からの夜景が素晴らしいということで…。
 今回の3人部屋は22階だったのですが、こちらの画像の真ん中に写っているのが、何とあの“通天閣”です
 部屋の電気を付けず、夜景を堪能いたしました★

20096242

 別の角度でも。

20096243

 ココのホテルを選んだ理由その②
 31Fに“天然温泉”がある!
 私の部屋のお風呂なんてしっかり足も伸ばせない小さなお風呂なので、ゆっくりお風呂に入ってもらおう~!!ということで。

 先に両親に行ってもらって、その間、私は部屋で夜景を見つつボーっと(笑)

 両親と入れ替わりで私も行って来ましたが、お風呂からも外の景色が見えました~★

 私的にも足を伸ばしてお風呂に入るなんて部屋ではなかなか出来ないので、ゆっくりしてたらお風呂出たのが午前1時半を過ぎていました(苦笑 ←ここのお風呂は午前2時まで)

 あと、ココのホテルを選んだ理由と言えば、ちょうど新型インフルエンザ騒動で関西にお客さんがあまり来ないという現象が続いていた頃でしたからー。。。
 すごく格安の宿泊プランを偶然に見つけたというのもあります

 お風呂から戻ってすぐに床についたのですが、お風呂ですっかり血行が良くなったのか、目が冴えてぜんっぜん眠れませんでした…。
 窓の外が白みかけていたのも知っています…。
 枕が変わった所為もあったのでしょうか???

|

« ドアラがなにわにやって来た! ⑧ | トップページ | 一夜明けて… »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、さくら様

素敵!!綺麗な夜景ですねぇ!!
ご両親もさぞお喜びになられたのでは。
私、出身は大阪なので、大阪でホテル宿泊したことがないのです。
なんと~、天然温泉ですか!?
足を伸ばせてゆっくり入るお風呂は、至福ですよねぇ。

投稿: いけこ | 2009年6月16日 (火) 14時22分

いけこさま いらっしゃいませ

 え~、大阪のご出身なんですか!?
 もともと京都の方かと思っておりました!!

 なかなかデジカメではあの感激はお伝えしきれないんですけどね~ 
 部屋の窓がかなり大きくて、ものすごいパノラマで迫って来ていましたよ★
 今まではそんなに思いませんでしたけど、足を伸ばせるお風呂ってホント極楽やな…って思う今日この頃です

投稿: さくら | 2009年6月17日 (水) 12時06分

コンビニだけでなくハーゲンダッツまで・・・無敵ですな。笑
旅行に来た気分になりますね。いや、ホテルに泊まるんだから、まあ旅行ですけど。笑

天然温泉、最近ビジネスホテルでも増えてる気がします。部屋のお風呂じゃリラックスできないし、旅館ほどじゃなくてもくつろげますよね。やっぱり日本人♪笑

夜景もいいですね〜。

投稿: まひろ | 2009年6月18日 (木) 16時38分

まひろさん いらっしゃいませ

 スタバにハーゲンダッツ。
 チェックインの時には閉まっていて、チェックアウトの時にはまだ開いていなかったのでぜんぜんお世話になれませんでしたが(苦笑)、これは無敵ですよー
 ローソンだけはしっかり買い物させてもらいましたけどね~
 そういや京都も、裏寺町にありますねー、そういうビジネスホテル。
 いやはや、まさに「現実逃避」な2日間でした☆

投稿: さくら | 2009年6月21日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル京阪 ユニバーサルタワー:

« ドアラがなにわにやって来た! ⑧ | トップページ | 一夜明けて… »