« 廬山寺の節分祭 其の壱 | トップページ | オバマを歩こう★ »

2009年2月 8日 (日)

廬山寺の節分祭 其の弐

20092315

20092316

20092317

 あ。
 青鬼さんを撮るの忘れてた(笑)

20092319

20092320

 おおーっ、何とも凛々しい★
 もともと“追儺(ついな)”には「鬼払い」という意味があるそうですが、こちらの「追儺師」と呼ばれる方が四方に邪気払いの法弓を射て厄を払います!

 その後に行われた餅撒き・豆撒きですが、昨年の記事にも書いた通りにいずれもむき出し状態で撒かれます。
 八坂神社の時の比にならないほどの激しい揉み合い(マジに将棋倒しになりそうになり、前にいた知らないおじさんの背負っていたバックを必死に掴んだほどでした・苦笑)に、撒かれる餅はなかなか取れません
 餅にばかり気を取られていたら全く違う方向から豆が飛んできて顔面に直撃するし、結局餅は父が2コ取りましたがココではそれ以上の収穫はありませんでした…。

 と思いきや。

 部屋に戻って来て一段落してみると、顔面に直撃した時に私のジャンパーの中に紛れ込んだようで、ポロポロって何個か出て来て大笑いしました

 …が。

 こちらの豆はチャイナマーブルのようにコーティング・着色されたものということで…雨の中で撒かれたこの豆。
 雨に濡れたこの豆は私の服を赤く染めていました
 まぁ、食紅なので台所用洗剤を使って母が落としてくれましたが

 私の好きなデパ地下No.1の大丸へ行って巻き寿司を買って帰ってきましたー。

 あいにくのお天気でしたが今年も楽しい節分を過ごさせていただき、感謝感謝

|

« 廬山寺の節分祭 其の壱 | トップページ | オバマを歩こう★ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

蘆山寺、紫式部のお寺ですね!
メタボな鬼さん・・・笑
でも迫力ありますねえ!!

しかし、豆まきは、ほんと周りが見えなくなります。笑
さくらさんの服からこぼれ出た豆は、福を表してるのかも!?

投稿: まひろ | 2009年2月 8日 (日) 15時07分

こちらのお寺、夏にお詣りいたしました。
人も少なく静かなお寺でしたが、節分にはエキサイティングな場所になるんですね。
鬼に会いたいです。

投稿: かがみ | 2009年2月 8日 (日) 21時28分

まひろさん いらっしゃいませ

 突然スレンダーな鬼さんが颯爽と出てきたら笑うでしょうねー(笑)
 でもホント、豆まきの時は身の危険を感じましたよー 
「みんな!もっと冷静になろうよ!!」…みたいな(苦笑)
 それにしてもまひろさん上手いなぁ~。「“服”だけに“福”」…って、あれ、違いましたか??


かがみさん いらっしゃいませ

 一応リアルな鬼さんが登場しますからねー。“節分”なら、やっぱりこの人達(人?)の姿を見たいですよね★
 私らの隣に、「東京から一人で来ました!」という若い女性の方がいらっしゃってて、たくさん写真を撮っておられました。
 寒いけれど、是非かがみさんも節分の京都にお越し下さい
 

投稿: さくら | 2009年2月10日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廬山寺の節分祭 其の弐:

« 廬山寺の節分祭 其の壱 | トップページ | オバマを歩こう★ »