« 続・カレーチーズケーキ | トップページ | 総長カレー »

2009年2月21日 (土)

寺田屋参上!

 先日、10数年ぶりに城南宮を散策したおハナシをいたしましたけれども、その次にやって来た伏見の“寺田屋”も同じく10数年ぶりです。

 何てったってその10数年前、寺田屋さんに来てから(参観時間が過ぎていて中には入れなかったけれど)その足で城南宮行ったんですからー

 思えばとかく因縁の(?)城南宮―寺田屋ルートですねー(笑)

 さらにはワタクシ、そのまた数年前には友達と1泊しに来たこともありますですよー。

 「ここで寺田屋騒動が起きたんやー (←この頃は、まだバリバリに薩摩フリークだったので

 という感慨からか、はたまた単に枕が変わった所為かはわかりませんが明け方近くまで眠れなかったのがまるで昨日のコトのように思い出されますけれどもね~

200921115

 別に地図を持ってたワケでもないのですが、10数年ぶりでも足が勝手にバス停からココまで動いてくれました(笑)
 伏見寺田屋、久しぶりに参上です!!


200921116

 …が。

 ちょっと前回とは違う感慨があるんですよねー。

 その後、あくまでも広く浅くですが“幕末”という時代をかじるようになって、鳥羽伏見の戦いの際に寺田屋は焼失したのではないかという話を聞くようになり…というより、実際、当時の“かわら版”の地図で寺田屋が「焼失範囲」の中に含まれているようなんですね。

  昨年の秋には、調査を行っていた京都市が

 「寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失」

 という見解を公表しましたよねー。
 私はその日は夕方のニュースで知りました。

 「あーやっぱりー!」

 と思わなくもなかったんですけど、それでも複雑な気持ちがないと言えばウソになるかも知れないですね。

200921117

 寺田屋さん側としては

 「あくまでも市の見解」

 として今も頑張っておられますけれども、私もオトナになったのでしょうか~…。
 泊めていただいた時とは全然違って、今回はかなり冷静に(?)見学させていただいて来ました。

200921118

 龍さん愛用のお部屋とされる「梅の間」。
 昔はココも泊まれたハズですけど…今はこのお部屋には泊まれないようです。

200921119

 ちなみにココが、まだまだ未成年だった私が明け方まで布団の中で目をギンギンさせていた(苦笑)「松の間」です★
 懐かしーっ

 今も泊まれます。
 確か素泊まり6,500円、1泊朝食付きが7,000円だったでしょうか。(昔と変わってないなー)

 「また泊まりに来たい!!」

 と、これは正直に思いました(笑) 

|

« 続・カレーチーズケーキ | トップページ | 総長カレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

幕末維新史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田屋参上!:

« 続・カレーチーズケーキ | トップページ | 総長カレー »