« たんぽぽちゃん☆:*.: | トップページ | 「さむっ」 »

2007年9月22日 (土)

さだまさし 『Mist』

 後輩Kちゃんの欠勤で、若干(そうか??)バタバタした職場を後にしてポルタへ直行したワタクシ。(夕方は南禅寺の方へお遣いに行きました~★)

Mainimage_02  9月12日のリリースから遅れること10日…まっさんのニューアルバム『Mist』をやっとこさ入手して参りました…。

  一番最初に今回のアルバムタイトルを聞いて「あらっ?」と思ったのは、それが『Mist』…英語だということ。
 
 サブタイトルに英語が来ることはたま~にあったけど、オリジナルアルバムのメインタイトルが英語だなんて、『ADVANTAGE』(え…1985年かぁ~… このアルバムも好きな歌が結構入ってます♪)以来ではないですかねぇ?? 
 
 この『Mist』、ジャケットのロゴだけ見ると妙にPOPな感じだけど、「暗中模索 五里霧中」の「霧」。まさに人生そのもの(笑…えないなぁ)

 とりあえず、ざっと聞き流してみました。

 ファースト・インプレッションとして心に残ったのは、「赤い月」。

 さすが、自称“Miss.ドラマティックマイナー”な私…(笑)

 そして今、2回目。

 「桜桜咲くラプソディ」に何か嬉しくなってる自分がいたりする。

 毎回そうだけども、まっさんのアルバムは(例えは決して良くないけれど・苦笑)“スルメ”のようなもの。
 何度も何度も聴いてみる。
 そうすると、それまで見えていなかったものが、そう、「霧」が晴れるみたいに見えてくることがある。

 そうそう。

 ライナーノートにあったんですが、「月」って、次第に地球の引力圏から遠ざかっていて、いずれは宇宙へと去っていくんですって。潮の干満や人間の生死が“月の引力”と関係があることを考えると、ホント、気が遠くなるほど先のこととは言え、この「地球」って星自体が、実は限りある命なんだな、って感じますね。

 太陽だっていずれは無くなると言われていますからねぇ。
 地球が無くなる…一体いつのことなんだろう????
 その頃はきっと、『銀河鉄道999』じゃないけど、機械人間だらけになってる、もしくはみんなが宇宙に脱出する術を持ってるに違いないんでしょうね。 

 

|

« たんぽぽちゃん☆:*.: | トップページ | 「さむっ」 »

音楽」カテゴリの記事

さだまさし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たんぽぽちゃん☆:*.: | トップページ | 「さむっ」 »