« ただいま! | トップページ | はじめての「帰省」・1 »

2006年8月16日 (水)

五山の送り火

 さすがに3日休んだ後の仕事というのはどうも…(苦笑)
 なのに、開店後一人目のお客さんを私が担当することになったのを皮切りに、今日も歴代タイの3人のお客様の応対をする1日となりました。

 そんな今日は、「五山の送り火」。
 今まで京都に足しげく通った私ですが、実は「五山の送り火」を見た経験はナシ。
 ちなみに、私が今住んでいる部屋と、その屋上から如意ヶ嶽の「大文字」が半分見えるので、職場のみなさんから「○○からならよく見える」とアドバイスをいただいていたのですが、初「五山の送り火」は、まず自分のマンションの屋上から見てみよう! ということで、点火5分前に屋上に上りました。
 20時。
 ちらちらと山並みに赤い光が見えかけた頃、それまで誰もいなかった屋上に、大家さん夫妻が登場(笑) 昼間の猛暑が嘘のような心地いい風が吹く中、3人で親子みたいにしてしばらく「大文字」を見物しました。
 小さくしか見えないんだろうと思っていたのも束の間、いざ火がついてみたらその「大」の字の結構大きくて明るいこと!(ただし既述の通り、立地上、半分しか見られません・泣)
 印象的だったのは、火が消えかけた頃に、大家さん夫妻が「大文字」に向かって静かに手を合わせてたこと。
 …そうだ、「五山の送り火」って精霊送りのお盆行事だったんだ、ってその時思い出して、私も一緒に、消えゆく「大文字」に手を合わさせてもらいました。

 実は屋上に上る直前に、いつもここに遊びに来てくださるかがみさんのブログへお邪魔して、何気に拝見していたところ、声優の鈴置洋孝さんがお亡くなりになったという書き込みが目に飛び込んで来まして、事実関係をネットで確認してちょっと気落ちをしていたんです…。(塩沢兼人さんの時にも相当驚きましたが) 
 私の記憶の中で一番古い鈴置さんは、「ガンダム」のブライトさん。一番馴染み深いのは、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍。その後、アニメから少しずつ遠ざかってしまったけれど、今、私の部屋のDVDの中に、『舞台が京都だから』という理由だけで買った(苦笑)「名探偵コナン「迷宮の十字路」 」があって、その主犯の役が鈴置さんだということを思い出しました…。(それを言うなら、相対する服部平次の役は、アンドロメダ瞬の堀川りょうさんだし、この春の劇場版の主犯って、星矢の古谷徹さんと違ったかな?)

 私が京都にやって来る前の日には、確か曽我町子さん(特撮モノにはなくてはならない女優さんでした! へドリアン女王は最高~!)が亡くなり、ハシリューとか岡田真澄さんとか、こっちに来てからいろんな方が亡くなったな~…と。

 そんなコトを思いながら、「大文字」って精霊送りの火なんやな…って考えると、すごく大きくて綺麗な火だったけど、反面すごく寂しい火やなぁ…と感じた、初「五山の送り火」でした。 来年は「妙法」とか見に行けるよう、この街で頑張ろう!とも思いました。
 あとで、帰省のレポート(?)でも打ちながら「コナン」のDVDを見るか…。

|

« ただいま! | トップページ | はじめての「帰省」・1 »

京都」カテゴリの記事

コメント

ただいま。今日、帰ってきたぁ。
実は、りぃぃって「大文字」見たコトないねんってー!!京都にいたのに・・・。
キレイやった??

投稿: りぃぃ | 2006年8月16日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五山の送り火:

« ただいま! | トップページ | はじめての「帰省」・1 »